ラムチョップで炸羊牌

中国に行くと、ついつい行ってしまうのが新疆料理屋。羊にビールにラグマン、これでもうたまらなく幸せになれちゃうんですな。

んなもんで、日本でも美味い羊が食べたいのですが、ジンギスカンははっきり言って美味いと思ったためしがないし、まー、自分で作るしかないかな、と。

で、今日、よく行くスーパーの特売のステーキフェアで、なぜかラムチョップが出てたんで、買ってきてみました。

ラムチョップに片栗粉をまぶし、揚げます。火加減は中火くらい、油の温度はやや高めくらい。五・六分、じっくりと揚げて、上げたら両面に塩を振り、辣椒(一味でも可)を振り、クミンパウダーを振り、クミンシードを振れば、炸羊排の一丁上がり。

アチラではスペアリブがつながった状態で丸揚げになって出てきて、あばら一本一本を引きちぎって食べて美味なんだけど、上記ラムチョップ揚げでも、相当いけます。

羊だと、ラム肉(丸い冷凍スライスではなく、焼き肉カットなヤツ)を買ってきて炒烤肉も何度か試しました。アレは、鉄の中華鍋をガンガンに熱して、油を引かないで羊肉をぶち込むのがコツらしいんだけど、いかんせん、日本で売ってる焼き肉用ラムスライスって、脂身がほとんど無い赤身部分なので、イマイチ美味しくならないんだよねえ。その点、ラムチョップは、ステーキ用だけに新鮮なラムだし、脂身もしっかりくっついてるから、結構美味しくいただけます。羊の脂身は、融点が高く人間の体温では溶けないんで、健康的だって言いますからね、脂身が多いのは全然問題なし。

つーことで、羊マニアな方々、是非お試しあれ。
comments (0) | trackbacks (0)

中華美食 > @家庭

Comments

Comment Form

com_End

Trackbacks

tb_End

中華・電脳マキシマリズム

ホラとヨタ話の電脳瓦崗寨ブログ

中华、电脑Maximalism
-大话、戏说电脑瓦岗寨博客-

CALENDAR
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
【電脳中国学〈2〉】…Windows 2000+Offrice XP環境対応、多漢字・中国語など人文情報処理マニュアル
電脳中国学〈2〉

Book (発売日:2002/04)
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHER