文山鉄観音

中国茶ってのは、そのまんま飲んでもいーのですが、ブレンドするといろいろと楽しさ二倍、ってのはよく言われます。でも自分では全然やっていなかったので、まー折角だから、いろいろ試してみようかと。

つーことで、ひとまず、文山包種と鉄観音をブレンドしてみました。両方とも、台北の峰圃で買ってきたモノです。鉄観音は、ああいう老舗じゃないと、近頃の大陸風の発酵が浅いのを置いていたりするんでねえ。

50/50でブレンドしてみたけど、鉄観音の重さが文山包種の清冽な香りで和み、結構良い感じでした。

ところで中国茶、家や研究室で飲むときは、近頃は専ら、茶こし付きマグカップを使ってます。ところがコレ、中国で売ってる泡茶杯って、茶こし部分が瀬戸物で穴がでかいんで、余り茶こしの用を為さないんだよねえ。まーた、日本の瀬戸物屋で売ってるのは、茶こしの先っぽが三角になってて、一度入れたら棄てるしかないんで、何度も淹れて飲むがフツーな中国茶には合わないという罠が。

んで結局使ってるのは、コレ。



ボダムの茶こし付きガラスマグカップです。ガラスはかなり厚くて頑丈です。茶こしはステンレス製。茶こし部分の真ん中に載せる丸いステンレスの皿状のフタが、そのまま淹れた後の茶こしを載せる皿になってるんで、何度も淹れられます。家にも研究室にも装備してます。

研究室の来客用は、コレです。



買ったのは黒の方ね。ジョナサンのドリンクバーに置いてあるやつ、って言った方がわかりやすいかな。コレは、ボダムに比べるとずっと安い分、ガラスが薄いのですが、フタ兼茶こし台がカップ全体をカバーするのが利点かな。あと、フタをひっくり返して茶こしを載せる点もいーですね。ボダムは、フタの上下を入れ替えないから、二回目以降は机に振れた面が茶葉側になっちゃうんだよね。それと、網がプラスチックメッシュで細かいんで、コーヒーも淹れられます。でもまー、私はコーヒー飲まないからね。

つーことで、ものぐさで中国茶を楽しもう、という方はお試しあれ。あー、茶こし付きマグを使うときでも、やっぱり洗茶してから淹れた方が美味いっすよ。
comments (0) | trackbacks (0)

中華美食 > @家庭

Comments

Comment Form

com_End

Trackbacks

tb_End

中華・電脳マキシマリズム

ホラとヨタ話の電脳瓦崗寨ブログ

中华、电脑Maximalism
-大话、戏说电脑瓦岗寨博客-

CALENDAR
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
【北京なるほど文化読本】…現代北京・中国の文化の最新事情を紹介するとともに、その背景・システムなどを解説。
北京なるほど文化読本

Book (発売日:2008-07)
【電脳中国学〈2〉】…Windows 2000+Offrice XP環境対応、多漢字・中国語など人文情報処理マニュアル
電脳中国学〈2〉

Book (発売日:2002/04)
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHER