金魚やられたのだが……

家の門口に中国金魚鉢を置いているのだが、さっき、ふたに載せてるガラスが落ちる音が。
なんじゃと思って出て行くと、階段をのそのそ下りて逃げる、獣の後ろ姿が。猫よりもずっと大型で、ちょっと平べったく、焦げ茶で大きなシマシマのしっぽ。どう見てもアライグマ。今まで金魚狙ってた犯人もコイツなのか?

ひとまず、足跡だけ撮影しました。

araiguma.jpg

うーん、八王子にも野良アライグマが居たのか。と思って、ググったら、いやー、かなり居るみたいねえ。ウチは、構造的に屋根裏にあがられる危険性はないんだけど、ご近所さんは危ないかも。

いやー、びっくりした。
comments (2) | trackbacks (0)

つれづれ

Comments

寨主 | 2009/10/14 11:36 PM
もろ師匠:

どーもです。

いやー、書き込み2時間後にまたしても出現して、金魚鉢上のガラスをまた割っていきました。結構、しつこいんですねえ。仕方ないんで、鉢ごと家の中に避難させました。

近所の生ゴミあらしてたのも、烏じゃなくてコイツだった可能性があるなあ。うーむ。

アライグマは獰猛だって言うし、狂犬病の恐れもあるので、心配ですねえ。市役所に言えば駆除してくれるのかなあ??
もろ | 2009/10/14 10:59 PM
うへー、ちょっと怖いっすね。
うちのそばにも出るらしいです(町内会で連絡があった)。

Comment Form

com_End

Trackbacks

tb_End

中華・電脳マキシマリズム

ホラとヨタ話の電脳瓦崗寨ブログ

中华、电脑Maximalism
-大话、戏说电脑瓦岗寨博客-

CALENDAR
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
【北京なるほど文化読本】…現代北京・中国の文化の最新事情を紹介するとともに、その背景・システムなどを解説。
北京なるほど文化読本

Book (発売日:2008-07)
【電脳中国学〈2〉】…Windows 2000+Offrice XP環境対応、多漢字・中国語など人文情報処理マニュアル
電脳中国学〈2〉

Book (発売日:2002/04)
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHER