Adobe CS2のアジアフォント

Adobe Creative Suite 2を買いました。こういう高価なソフトをポポンと買えるとは、科研費様々ですなあ(笑)。

CS2の細かい使い勝手はおいおい使い倒しながら見ていくとして、まずはフォントをチェックしました。

おまけフォントは、4枚目「Resources and extras」ディスクのCD-ROM:\その他ファイル\InDesign CS2\Adobe フォント 以下に入っています。小塚フォントはリリースアップしていないのが残念ですが、その代わりに、簡体字・繁体字・ハングルのOTFが一つずつ入っています。

  • Adobe Song Std L:簡体字
  • Adobe Ming Std L:繁体字
  • Adobe Myungjo Std:ハングル


まず、Adobe Song Std L、コレはGB18030対応フォントです。Ext.AとCJK統合漢字が全部埋まっています。

Adobe Song Std L その①

デザインもなかなかいいですね。でも、ピンインはやはり弱いですねえ。Wordではかくのごとき有りさま。

Adobe Song Std L その②

InDesignだと字間が崩れない分マシだけど。下は、上から順に、Adobe Song Std L、Times New Roman、WG Pinyin Serif。Adobe Songの「Ǎ」は、グリフがないので自動的にTimes New Romanになっちゃってます。

Adobe Song Std L その③

大文字+声調符号が定義されていないというGB規格の根本的欠陥が露呈していますなあ。ま、これはフォント自体の問題ではないので、いろいろ言うのは筋違いですな。Adobe Songが中国語漢字フォントとして、非常に使えるのは確かです。

次に、Adobe Ming Std L。まず吃驚なのが、このフォント、Big5フォントではないことです。Ext.A・Ext.Bにちらほら文字が埋まり、CJK統合漢字もBig5ばかりでなく一部の簡体字・常用漢字体が入っており、私用領域にもドドンと文字が登録されています。

Adobe Ming Std L その①

これは、Big5E+CNS 11643のUnicode定義分ってことなのかな?

グリフデザインですが、句読点がちゃんとマスの真ん中に来ます。

Adobe Ming Std L その②

繁体字は、やはりこーでないと。

これらのフォント、非常に使えて嬉しいです。InDesign CSの時点では、繁体字で組んだデータをそのままデータ入稿すると、出力に問題が生じていたのですが、CS2でこれらのフォントを使うことでデータ入稿ができる可能性が出てきました。まーた、人柱にならないといけないのかなあ(汗)。
comments (0) | trackbacks (0)

電脳 > ソフト

Comments

Comment Form

com_End

Trackbacks

tb_End

中華・電脳マキシマリズム

ホラとヨタ話の電脳瓦崗寨ブログ

中华、电脑Maximalism
-大话、戏说电脑瓦岗寨博客-

CALENDAR
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
【北京なるほど文化読本】…現代北京・中国の文化の最新事情を紹介するとともに、その背景・システムなどを解説。
北京なるほど文化読本

Book (発売日:2008-07)
【電脳中国学〈2〉】…Windows 2000+Offrice XP環境対応、多漢字・中国語など人文情報処理マニュアル
電脳中国学〈2〉

Book (発売日:2002/04)
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHER