キングソフトオフィス2007 β1

よーするに、WPS Officeの日本語版ですな。昨日、DLが始まりました。

早速、落として試してますが、初めどーしても落とせないとおもったら、DLページJava Script依存だった。あのさ、IT企業のページなんだし、普段Offにしている人も居るんだから、Java Scriptに関する警告くらい出るようにしておけよ。

つーことで、落として試していますが、ファーストインプレッションとしては、意外にマトモ、ですね。

まずWriter、ルビはチャンとふりがなが自動補完されます。中国語はピンインで入りますが、繁体字中国語は不調ね。縦書きでも表示できました。笑ったのが、ルビのフィールドコードがまんまWordと同じこと。うーん、ここまでまねっこするかね。

ただ、文字列の言語設定機能が見つかりません。だから、日本語文書中で日本語IMEで入りにくい文字を中国語IMEで入れて、日本語としてルビを、なんて時には困ります。まー、そんな使い方する人はほとんど居ないと思うけど。

あと、Ext.Bも、一応対応していました。ただ、記号と特殊文字はBMPのみの表示なので、入力には外部ツールが必要になります。つーことは、現時点ではMS OfficeかATOKか、その辺を導入しないとダメなわけで。まー、もうすぐMS IMEがアップグレードして、問題は解決されるんだろうけど。あと、Ext.Bのフォント名表示がちょっとおかしいような?Simsun(Founder Extended)を選んでも、ツールバーのフォント表示はTimes New Romanのまま。ちと気持ち悪いです。

あと、簡体字・繁体字コンバートは無いのねえ。WPSにはあったと思ったけど。折角だから、常用漢字と簡体字・繁体字コンバート機能もコミで、載せてくれれば便利だったのに。

Spreadseetsは、セルの書式設定で文字角度を指定できるようになってますね。ソートは、日本語は問題ないけど、中国語はピンイン順にならないのね。せっかっくだから対応して欲しかったなあ。

それよりなにより、どーしてもマクロ機能が見つからないのがちょっと(涙)。ヘルプで検索しても出て来ない。COMプラグインってのがそれかも知れないけど、こちらもヘルプには何も無し。Writerは兎も角、マクロのない表計算ソフトなんて、あり得ないでしょう。

で、Excelのマクロ付きファイルを読ませてみたけど、やはりマクロは使えず。でも、名前を付けて保存して、Excelで開くと、マクロはチャンと生きています。このあたりに、MS Officeの存在を前提とした補助的編集ツール、という位置づけが、意識的か無意識的かは知りませんが、如実にあらわれているワケです。

とまー、細かい問題はいろいろとありそうですが、全体としては予想よりかなり高いレベルでまとめてきているな、という印象です。EIOfficeの初期バージョンの日本語ダメぶりと比べると、かなりマシかと。MS Office 2007のインターフェイス変更についていけず、マクロを必要としないライトユーザーが乗り換える分には、充分使えるかもしれません。

やはりそれにしても、インターフェイス、細かいところまでMS Officeクローンなのが、ヘドが出るほど気持ち悪い(笑)。
comments (0) | trackbacks (0)

電脳 > ソフト

Comments

Comment Form

com_End

Trackbacks

tb_End

中華・電脳マキシマリズム

ホラとヨタ話の電脳瓦崗寨ブログ

中华、电脑Maximalism
-大话、戏说电脑瓦岗寨博客-

CALENDAR
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
【電脳中国学〈2〉】…Windows 2000+Offrice XP環境対応、多漢字・中国語など人文情報処理マニュアル
電脳中国学〈2〉

Book (発売日:2002/04)
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHER