北京宣言

なんか、ここ二三日、百度とかEVDがらみの報道が多いですなあ。さっき、前の記事を書いて、今、ニュースを見たら、毎日のこんな報道が。

DVD独自規格推進へ 08年に現行機種の生産停止

あー、今日だったのね、EVD連盟の旗揚げは。
記者会見の全文、各ポータルに上がってますねえ。慧聡にリンク貼っておきます。写真は、騰訊が多いかな。

これは、あくまでもEVD連盟に参加した企業の任意な宣言であって、中国政府の強制命令ではない、ってのがミソですな。市場の動向次第では、そんな強制力をもたない宣言なんて、誰も守らなくなるのが目に見えているわけで。

EVDプレーヤーの値段がDVDの倍以上、って毎日とかも伝えていますが、このニュースによると、EVDはプレイヤーの最低価格を598元って決めてるみたいです。アメリカや日本なら、あっという間に独占禁止法で挙げられるところですが、ソコは中国(笑)。つまり、高値販売カルテルを結んで、安値のDVDプレーヤー生産は止めて、メーカーはみんなでハッピーになりましょう、EVDの海賊版対策でソフトハウスも潤います、って図式を描いているのがよーくわかります。まーもっともそれ以前に、EVDプレーヤーにはスケールメリットが無い、ってのも大きいみたいですが。

でもねえ、上手く行かないでしょうな。もともとが寄せ集めだけに、EVDが傾き出すと(って、二年もやってきて、まだまっとうに立ち上がったとは言えないんだけど)、あっという間に連盟は有名無実・雲散霧消、各メーカーはDVDの生産継続やHD DVD・BDへの特化を打ち出すでしょうし、よしんば上手くいったとしても主導権争いで内部分裂は必至、やはり歴史によく見られる光景の再現になることでしょう。

張宝全は意図的に、中国家電業界が全面的にHD DVDに対して愛国抗日戦争を発動した、というふうな演出を狙って居るのがミエミエですな。技術開発競争のレベルでは全然相手にならないので、ワザと問題の所在をずらしてるワケです。中国国内メディアも見出しこそセンセーショナルだけど、記事は、そんなこと言ったってEVDはだめっしょ、って論調が絶対多数なんだよねえ。

コレ、やたらと既視感があるんだよなあ。そう、一部ITメーカーが去年の抗日デモがらみの日本製品排斥運動に便乗して、愛国的国産品キャンペーン(って、某ブランド名が入っちゃってますが(笑))を煽ったけど、結局、上滑りしてダメダメに終わった、ってのと同じ。この手の煽りは多いから、中国人ももはや慣れっこになってて、踊らないんだよね。

それにしても、DVDってのは、中国企業に色々な教訓を与えてくれるモノですな(笑)。さきには特許料と知的財産権という国際的枠組みのレッスン、今度は技術開発の必要性というレッスンですか。レッスンの内容をストレートに受け入れず、裏技と政治で何とか上手く金を儲ける方法を探す、ってあたりがまた、凄くらしいんだけどさ。せめて一社くらいは、教訓を正面からくみ取って、面白いアイデアや技術の製品を生み出して、日本の我々の生活も豊かにしてくれる、なんて企業に出てきてほいんだけどねえ。
comments (0) | trackbacks (1)

電脳 > EVD

Comments

Comment Form

com_End

Trackbacks

古典パロディ問題と某エロゲと | 2006/12/15 02:23 PM
中華・電脳マキシマリズム
というわけで、追跡調査中です。
tb_End

中華・電脳マキシマリズム

ホラとヨタ話の電脳瓦崗寨ブログ

中华、电脑Maximalism
-大话、戏说电脑瓦岗寨博客-

CALENDAR
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
【電脳中国学〈2〉】…Windows 2000+Offrice XP環境対応、多漢字・中国語など人文情報処理マニュアル
電脳中国学〈2〉

Book (発売日:2002/04)
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHER