アングラ・マーク・シックス

ふと見つけたのですが、ここ数年、中国で“地下六合彩”が猛威をふるってるんだそうです。

“六合彩”ってのは、香港の宝くじ、英語だと“マーク・シックス”です。解説は、ここを参照。この香港のロトのルールを流用して、大陸で地下宝くじを運営してるわけですな。どうも、台湾・香港のマフィアが絡んでるらしい。

だいたい、中国人は全般にカッと熱くなりがちな人が多い感じだし、しかも社会の不公平感が募ってコツコツ働くのがばからしくなるようなご時世、ドツボにはまる人が大量に発生しているようです。

宝くじは、香港の当選番号を流用するみたいです。ただ、ビギナーはいきなり当たりが出て味をしめ、あとはじゃんじゃん金を注ぎ込んで丸裸になる、って記述もあるから、非公開で当選番号を決めてる詐欺そのものなタイプもあるんでしょう。特に農村で猖獗を極めてるらしいですが、都市の市民層でもはまるヤツははまるみたいです。

宝くじそのもののほかにも、当選番号予測占い本とか、秘密当選番号有料ケータイショートメッセージ情報サービスとかでまた儲ける。さらに、無知な農民は、哪吒の当選番号お告げとかを村中で跪いて拝聴、そればかりか、テレタビーズは香港のテレビ局が制作し、中国中央テレビ局に供給しているロト当選番号の暗号放送であると信じているよし。

で、その額が半端じゃない。湖南の某市では、一年で預金残高が9000万元と約半分に減少したり、公金三十万元を注ぎ込んで自殺したり……。地域によっては、資金を根こそぎ吸い上げられて、経済が十年後退したなんてところもあるみたいです。

いや、現代のアヘンだと言って騒ぐのもわかりますな。三農問題だけで大変なことにコレではねえ、コレを引き金に本格的農村崩壊って最悪のシナリオもあり得るでしょう。これも、社会制度やら精神的指針を決めずに至上主義経済に突き進んだ矛盾の噴出なのは確かだけど、しかし対策はねえ……どーせいつものパターンで、地域の土覇利益連鎖に組み込まれてるんだろから、困難でしょうな。うーん、いやはや、中国には安定してもらわないと困るんだけどねえ、日本も。

参考:码日报
comments (0) | trackbacks (0)

つれづれ > 中国文化

新鯖崩壊

昨日、Debianな新鯖がようやく立ち上がった、と思ったら、崩壊しました(涙)。

いや~、セットアップからエラーがいろいろ出て、だましだましなんとか上手くいったんだけど、あるはずのファイルが消えたり、パッケージのセットアップが完全でなかったり、いろいろと問題噴出。一度、正式移行をアナウンスしながら、旧鯖に戻すハメに陥りました(涙)。

で、今、Fedora5を入れたら、HDDのフォーマットでエラーが出る。やはりHDDそのものがぶっ壊れてるのか。うーむ。まあ仕方ない、今年の研究費も使えるようになったことだし、HDDを買い換えるしかないですね。

というわけで、徒労感あふれる今日この頃(涙)。
comments (0) | trackbacks (0)

電脳 > いろいろ

講話?

近頃の中国関係のニュースだけど、しばらく前、七団体代表団が胡主席と会談、重要講話を……ってのが、いろいろと言われてますなあ。

それで思うんだけどさ、「講話」って中国語、なんで日本語に訳さないのかねえ?日本語で講話って言うと、エライ師匠が薫陶をたれるってニュアンスになるけど、中国語では単に「話をする」ってだけ、「談話」あたりが適切な訳でしょう。

マスコミがこの訳語を使うのは、何も考えていないのか、あるいは外務のリリースなのかはわかりませんが、いずれにせよ微妙にニュアンスがずれて、その結果、北京までノコノコ講話を拝聴に……っていう批判になるわけで。なんだかねえ。
comments (0) | trackbacks (0)

つれづれ > 日中時事

粟の歌?

昨日のガイダンス授業で、教卓に引っかかってすっころんで額にコブを作るという捨て身ギャグを噛ましてしまったりしている今日この頃ですがw、それとは全然関係ない話です。

ChinaByteに、Googleの漢字名の話題が出てますねえ。

谷歌

ん?なんじゃこれは。「谷」、というのは、繁体字ではもしかして「穀」?ってーことは「粟の歌」ってこと?なんか、山西省中部みたいですなあw。これなら、「古狗」の方がいいような気がするぞ。

あれ、新華社でも流れてるなあ。ってことで、新華社のニュース写真を埋め込んでおきます。

comments (0) | trackbacks (0)

電脳 > 中国IT界ウオッチ

ネットにはまった子供

今日はなんか、中国の子供関係のニュースが多いですね。

まず、13歳のハッカーが逮捕されたんだそーです。吉林省サイトをクラックしたのをはじめ、色々とクラックしては警告文を残していたみたい。その筋ではオンライン講座の講師をやるなど、有名人だったみたいねえ。まーこういう人は、SEをやってれば食いっぱぐれることは無いでしょう。

もう一つは激しいニュース。湖南の高校三年生が、ネトゲにはまって成績急降下、あげく、この手がいけない、とばかりに、左手の小指を詰めちゃったんだそーな。うーん、さすがは湖南というか何というか……。

ま、パソコンは、廃人にならぬようホドホドに、ってのは万国共通ってことですな。
comments (0) | trackbacks (0)

電脳 > いろいろ

中華・電脳マキシマリズム

ホラとヨタ話の電脳瓦崗寨ブログ

中华、电脑Maximalism
-大话、戏说电脑瓦岗寨博客-

CALENDAR
<< April 2006 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
CATEGORIES
NEW ENTRIES
RECOMMEND
【北京なるほど文化読本】…現代北京・中国の文化の最新事情を紹介するとともに、その背景・システムなどを解説。
北京なるほど文化読本

Book (発売日:2008-07)
【電脳中国学〈2〉】…Windows 2000+Offrice XP環境対応、多漢字・中国語など人文情報処理マニュアル
電脳中国学〈2〉

Book (発売日:2002/04)
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
OTHER